ボンソワール・キャンドルのご使用方法

ボンソワール・キャンドルを最後まで美しく楽しんで頂くために、ご使用時のポイントをご案内致します。

ボンソワール・キャンドルを使用する際の注意点

点火
  • キャンドル上面に貼ってあるフィルムをはがしてから点火して下さい。
  • 点火の際には、なるべく先の長いユーティリティライターなどをご使用下さい。

初めて使用する際のポイント

ボンソワール・キャンドルを最後まで美しく楽しんで頂くには、最初の使い方が肝心です。

  • 点火したら、内径のソイワックスが全て溶けるまで火を消さないようにします。溶けきる前に消してしまうと、次回からはその部分
    しか溶けなくなってしまいます。
  • キャンドルの外径(ハーブが装飾されている部分)の型くずれを防ぐ為、一度に3時間以上の点灯はしないようにお願い致します。

使用中のポイント

  • 芯は常に中心にあるようにします。もし、芯が中心からずれてしまったときは、一度火を消してプール(溶けた蝋だまり)があるうちにピンセットなどで中心へ戻します。また芯が倒れてしまっているときも、火が消えているときに起こすようにします。
  • 芯の長さは常に5mm位を保つようにします。もし長くなってしまったときには、火が消えているときにハサミでカットして下さい。
    芯が長くなると炎が大きくなってしまい、すすが出たり型が崩れたりすることがございます。
  • 芯の白い部分がなくなった場合、キャンドルとしてのご使用を終了して下さい。芯の白い部分がなくなっても炎は自然に消えないため、そのまま点火しつづけてしまうと、形が大きくくずれて危険です。

キャンドルとしてご使用して頂いた後の楽しみ方

外径をきれいに保ったまま最後までご使用頂いた後は、中にティーライトキャンドルをいれてランタンキャンドルとしてご使用頂けます。またペン立てにしたり花瓶にみたてて草花を生けたりすることも出来ます。アイディア次第で様々なご使用方法をお楽しみ頂けます。

実は一般的なキャンドルもこのようにして、少しのお手入れをして頂くことにより、最後まで美しくご使用頂くことが出来ます。またお手入れをして頂くことにより、ロウの溶けゆく変化などもお楽しみ頂けます。ぜひ最後までボンソワールの上質な香りのキャンドルをお楽しみ下さいませ。